私はとある番組で、今やとても有名な居酒屋チェーン店のメニュー開発の様子を見る機会がありました。

千鳥足の居酒屋ギーク

居酒屋さんのメニュー開発

日本にはたくさんの居酒屋があります。定番のメニューから工夫を凝らした独自のメニューまで様々ありますが、私はある番組で居酒屋チェーン店のメニュー開発の様子を見ました。メニュー開発にはまずそのメニューのターゲットになる年齢層や性別を絞り込んだり、食材を決めたり、コストを考えたりしないといけません。メニューができるまでは何ヶ月も時間を費やすし、何度も試食会を開いて上層部の人が合格を出すまで日の目を見ることはありません。居酒屋に限らず、メニュー開発をするということは、定番になり得るようなものを作り出すということなので、それはそれは大変な努力が必要になります。またその店の独自性みたいなものがあると、そのお店でしか食べられないというイメージができるので、開発者たちの想像力が試されると思います。

とはいえ、食べ物にも流行があるし、すぐに新しい話題になる食材などが出てきます。それをいかに先回りして情報を得て、次のメニュー開発に活かせるかが大切になります。年に何十、何百品目のメニューが世に出ているかはあまり実感はありませんが、それだけのメニューが出来ても定番になるのはほとんどないそうです。それでも常に定番商品を生み出そうと毎日のように食材と向き合ったり、いろんな味を作り出している人たちはすごいなと思います。そういう人たちは会社やお店にとっても貴重な財産になるのです。私もメニューを頼んだりするときは感謝の気持ちを込めて味わいたいと思います。

メニュー開発といえば、居酒屋の面白いメニューってどうやって作りだされたんだろうと興味津々に感じることがあります。最初はチャレンジだったんじゃないかと気になりますが、それが話題になれば店として大成功です。

Recommend

Copyright (C)2017千鳥足の居酒屋ギーク.All rights reserved.